TOP
私の無線歴
QSLで巡る世界地理
ハム関連映画
ハム関連TV番組
ハム関連ラジオ番組
なんでも資料
売却コーナー
アクセスカウンター
Since July.1st.2002
Last Update Nov.05.2016

saitam 555 award

musenki-museum

いのうえ・あきひこのフォトギャラリー

JA1SWL宛メール

無線免許関連JARL関連記録市と郡の情報鎌ヶ谷情報
トピックス


 「JA1AMH 高田継男さんを送る会」が2016年5月7日に開催された。 (2016年05月07日)

2016年2月6日に81歳で永眠された元ミズホ通信社長の「JA1AMH 高田継男さんを送る会」が東京・秋葉原の千代田万世会館でJA8IRQ福島さん、JG1CLL内田さん、元FCZ研究所 大久保さん、マイクロパワー研究所 高橋さんの呼び掛けで開催され、約30名の方々が参加されました。


 

 「CQ 誌 5月号」付録で収集の無線機とカタログが記事に。 (2016年04月19日)

「CQ ham radio 5月号」別冊付録「昔と変わらぬ魅力のバンド 今からでも楽しめる 50MHz帯マニュアル」で(カタログ・コレクションに見る 懐かしの50MHz帯モノバンド・トランシーバ)という内容で、6ページにわたり収集した無線機とメーカーカタログが紹介されてます。


 

 電波社「HAM world vol.2」が発刊。 (2016年02月19日)

電波社のHAM雑誌「HAM world vol.2」が発刊されました。編集に元CQ出版で活躍されていました富永さんが新しく加わり、増々パワーアップしています。特集は「短波でワールドワイドにDX交信!HFで世界を狙う醍醐味」です。定価980円。


 

 読売新聞の朝刊「時代の証言者」で原昌三氏を紹介。 (2016年02月16日)

日本アマチュア無線連盟元会長の原昌三氏が読売新聞の朝刊「時代の証言者」で2016年02月16日(火)から連載で紹介されています。YOMIURI ONLINE で動画をご覧いただけます。


 

 千葉県立現代産業科学館で「アマチュア無線機」展示開催。 (2016年02月07日)

2016年1月19日(火)から2月14日(日)まで千葉県立現代産業科学館で行われた企画展示「アマチュア無線〜真空管からトランジスタへ〜」を見てきました。サイエンスドームには真空管やトランジスターを使用した無線機が展示され「楽しいアマチュア無線」の映像を放映していました。


 

 ビッグコミックオリジナル「三丁目の夕日」でアマチュア無線が。 (2016年2月05日)

月イチ掲載の「三丁目の夕日」第952話(作:西岸良平)に「アマチュア無線」が12ページにわたって描かれています。手作り無線機やTR-1000と当時TVで放映されていた「海底人8823」「ハローCQ」の他、私は知らなかった「CQ!ペット21」のことも描かれています。


 

 「アマチュア無線フェスタ2015 JARD in 秋葉原」が開催。 (2015年12月05日)

日本アマチュア無線振興協会(JARD)主催による「アマチュア無線フェスタ2015 JARD in 秋葉原」が東京・秋葉原コンベンションホールで開催され、約300名の参加者集まる中、GHDキー社のオリジナルパドルが5名に当たる抽選会も行われ大変賑わいました。、


 

 約17年ぶりに新しいHAMの雑誌「HAM world」が創刊。 (2015年09月19日)

「モービルハム」を発行していました電波実験社が社名も新たに電波社として新しいHAMの雑誌「HAM world「」創刊されましました。編集長の木村さんは以前マガジンランドの編集に居た方で、制作はQCQ企画の会長宮本さんです。今後の活躍に期待しています。


 

 「ハムフェア2015」が今年も東京ビッグサイトで開催。 (2015年08月22日)

「ハムフェア2015」が今年も東京ビッグサイト西2ホールで開催されました。熱心なハムや業界関係者などがのべ36,000名が、今年は「JARL創立90周年記念ハムフェア」をキャッチフレーズに、展示や催事を楽しみました。


 

 JARL「第4回定時社員総会」を傍聴してきました。 (2015年06月14日)

一般社団法人 日本アマチュア無線連盟の「第4回定時社員総会」が東京・新宿のベルサール西新宿で行われました。選挙で選ばれた全国125名の社員が出席して開催された。JARL NEWS やWAVE NEWS では分からなかった事案がよくわかりました、


 

 「8N100ICT」が千葉・検見川無線送信所跡から運用されました。 (2015年04月26日)

「JJY」が今年で75周年を記念して「8N100ICT」が千葉・検見川無線送信所跡から運用されました。検見川無線送信所は1926年(大正15年)4月、旧遞信省の東京無線電信局の送信所として開局され、1940年(昭和15年)JJY電波を発信し1979年(昭和54年)9月その役割を終えた。


 

 おかげ様でJA1SWLは開局50周年を迎えることができました。 (2015年03月17日)

1965年3月17日付でJA1SWLの呼出符号を免許されました。その前「SWL」を約5年続けていたので、まさかコールサインもSWLになるとはびっくり。開局当時、CQを出すと「SWLは電波を出してはいけない」とよく言われたものです。あれから50年を迎えることが出来、有難うございます。


 

 「ハムフェア2014」が今年も東京ビッグサイトで開催されました。 (2014年08月24日)

「ハムフェア2014」が今年も東京ビッグサイト西2ホールで開催されました。熱心なハムや業界関係者などがのべ34,000名が、今年は「みんなで楽しむ ハムライフ」をキャッチフレーズに、展示や催事を楽しみました。


 

 「CQ 誌 9月号」付録で収集の無線機カタログが記事に。 (2014年08月19日)

「CQ ham radio 9月号」付録で(コレクター秘蔵のカタログで見るアマチュア無線名機100選 1960年代〜現代)が50ページにわたり永年収集した無線機メーカー各社のカタログが紹介されてます。


 

 「ハムフェア2013」が今年も東京ビッグサイトで開催。 (2013年08月25日)

「ハムフェア2013」が今年も東京ビッグサイト西2ホールで開催されました。熱心なハムや業界関係者などが、今年は「楽しさ見つける 楽しさ見つかる」をキャッチフレーズに、展示や催事を楽しみました。


 

 映画「空と海の間に」が一部動画でご覧いただけます。 (2013年04月07日)

1955年にフランスで制作された映画「空と海の間に」はアマチュア無線が題材で、いまだに上映希望があります。フランス語ですが、映画の一部が動画としてご覧になれるようにリンクを張りました。この映画を御存じ無い方もぜひご覧ください。


 

 「日本アマチュア無線局名録」をヤフオクで入手しました。 (2012年10月10日)

1965年にCQ出版社からCQ ham radio 臨時増刊の「日本アマチュア無線局名録」が発行されていました。A5判の大きさで、これ以降CQ誌の付録「局名録速報版」から「ハム情報ファイル」までがA5判になっていました。


 

 「日本アマチュア無線局名簿」を入手しました。 (2012年10月06日)

1953年にオーム社から「ラジオと音響」 別冊付録として「日本アマチュア無線局名簿」が発行されていました。当時JA9、JAφのコールは発給されていませんでしたので、JA9はJA2W-、JAφはJA1W-として記載されており、総頁数は1,700ページもあります。年代の古い本ですが、保存状態が良く大変綺麗な本です。


 

 「日本アマチュア無線局名録」をヤフオクで入手しました。 (2012年09月11日)

1957年にCQ出版社からCQ ham radio 臨時増刊の「日本アマチュア無線局名録」が発行されていました。年代の古い本ですが、保存状態が良く大変綺麗な本です。付録には、ハードカバーがついていました。


 

 「ハムフェア2012」が東京ビッグサイトで開催されました。 (2012年08月25日)

「ハムフェア2012」が今年も東京ビッグサイト西2ホールで開催されました。猛暑にも関わらず熱心なハムや業界関係者などが、今年は「〜ビッグサイトで見つけるハムの未来〜」をキャッチフレーズに、展示や催事を楽しみました。


 

 三才ムック「アマチュア無線機 Collection」が発行されました。 (2012年08月20日)

三才プックス発行のムック「アマチュア無線機 Collection」(2012年8月21日発行)に収集していましたカタログ・取説・オプション等を提供しました。「写真集で蘇る懐かしのリグ63機種」として大変見ごたえのある本になっています。A4判128ページ定価2,800円(税別)。ぜひ購入のうえご覧ください。


 

 「別冊ラジオライフDXvol.3」に記事掲載されました。 (2012年06月25日)

三才プックスから発行の季刊雑誌「別冊ラジオライフDX 3」(2012年6月25日発行)に「収集品とWebで戦後のアマチュア無線史を伝える 国産ビンテージ無線機と資料のコレクション」と題して2ページ見開きの記事掲載されています。ぜひ購入のうえご覧ください。


 

 「QST 1925年2月号」をヤフオクで入手。 (2012年06月21日)

1925年には「パリ万国博覧会」が開催され、我国ではNHK東京放送が開局された年に、この本は発行されています。創刊はこれよりも10年前とは驚きです。年代の古い本ですが、保存状態が良く大変綺麗な本です。


 

 「ラジオ アンド テレビジョン ニューズ 日本語版」を入手。 (2012年06月21日)

1950年に誠文堂新光社から「ラジオ アンド テレビジョン ニューズ 日本語版」が発行されていたとは知りませんでした。創刊号の割に大変綺麗な本です。記事には、市民無線用トランシーバーやTV受像機のニュースが掲載されています。


 

 NHK「たのしいアマチュア無線講座」のテキストを入手。 (2012年05月12日)

探していました「NHK たのしいアマチュア無線講座」2と4のテキストをヤフオクで入手しました。1960年7月4日から9月26日に放映された「アマチュア無線講座テキスト」と1961年1月10日から3月28日に放映された「アマチュア無線講座テキスト」です。残りの1と5を探しています。


 

 「ラジオアマチュア ハンドブック(初版)」をヤフオクで入手しました。 (2012年04月27日)

誠文堂新光社から1953年にJARL編「ラジオアマチュア ハンドブック」が発行されていました。CQ出版社が「JARLアマチュア無線ハンドブック」を発行する15年前です。著者代表として大河内正陽氏が表記されています。折り込みで南北アメリカが真中の「ゾーンマッブ」が付いています。


 

 アマチュア無線が出てくる映画が3月31日に日本で公開されます。 (2012年02月29日)

「Joumey 2 The Mysterious Island」はジュール・ヴェルヌ作の古典小説「地底旅行」を映画化した08年作「センター・オブ・ジ・アース」の続編。行方不明の祖父を探す少年と新たな仲間達の冒険を描くファンタジー映画。2月10日より全米公開。予告編がご覧いただけます。


 

 アマチュア無線機 取扱説明書77機種がやっと整理出来ました。 (2012年01月29日)

アマチュア無線機の取扱説明書を収集してきましたが、77機種ほど整理出来ましたのでウェッブにアップしました。かなり時間が経過していますので、表紙が変色したり汚れがあったりページが破れ易くなっていたりで、保存は大変ですが、これからも少しずつ収集していきます。


 

 初音ミク「Hell CQ!」が、YoouTubeにアップされていました。 (2012年01月07日)

初音ミク(はつね みく)クリプトン・フューチャー・メディアから発売されている音声合成DTMソフトウェアーの製品名およびキャラクターです。キャラクターの出身地は札幌、年齢16齢、身長158cm、体重42kgに設定。オリジナル曲「Hell CQ!」が、YoouTubeにアップされていました。


 

 西 炯子著「電波の男よ」という漫画が、2007年に発行されていました。 (2011年11月16日)

「高校時代、アマチュア無線が唯一の楽しみだった冴えないサラリーマンの大河内寿三郎は、顔も名前も知らないかっての交信仲間の女性を忘れずにいる。そんなある日、社内の間違い電話から、彼女によく似た声を聞き・・・。ちょっとワケありな男女の恋を描いた恋愛傑作集。」(BOOKカバーより)


 

 TBSテレビ「南極大陸」に昭和30年代の無線機を貸出しました。 (2011年10月16日)

10月16日から始まりましたTBS開局60周年記念 日曜劇場「南極大陸」のドラマに昭和30年代の無線機を貸してほしいとの依頼が制作プロダクションからあり、9R-42J、SM-1。TX-88A、9R-59、FL-10/40などを貸出しました。ドラマを見る限りではよく分からない程の露出でした。


 

 「ハムフェア2011」が東京ビッグサイトで開催されました。 (2011年08月28日)

「ハムフェア2011」が今年も東京ビッグサイト西2ホールで開催されました。当日は不安定な天候にも関わらず熱心なハムや業界関係者などが今年は「社会につながるアマチュア無線」をキャッチフレーズに、展示や催事を楽しみました。


 

 すがやみつる著「タケルが行く!」を入手出来ました。 (2011年06月11日)

探していました、すがやみつる著「タケルが行く!」を入手出来ました。この本に入っている「いつか夜空で!」は、アマチュア無線を取り上げた36ページの漫画です。ストーリーは、伊豆の沖にある島で地震があり、怪我をした少女を停電のなか非常通信を行なって救うといったものです。


 

 「STAR RADIO & TELEVISION NEWS」をヤフオクで入手。 (2011年05月28日)

パーツメーカーだった富士製作所(スターの前身)が、昭和20年代に発行していました「STAR RADIO & TELEVISION NEWS」を、35号から41号まで、保存用ハードカバーでファイルしたものです。中身は、破れや書き込みも無く大変綺麗です。


 

 「アマチュア無線入門ハンドブック」を入手しました。 (2011年05月14日)

CQ ham radio臨時増刊「アマチュア無線入門ハンドブック」を入手しました。1967年発行で表紙、中頁とも大変綺麗です。表紙の写真はJA1ELL/JA1SCQ岡田さん一家のシャックで、三電機のQTR-99、三和無線測器研究所のSTM-406などの懐かしいリグが写っています。


 

 電波技術臨時増刊「最新アマチュア無線回路集」を入手。 (2011年04月16日)

探していました電波技術臨時増刊「最新アマチュア無線回路集」をヤフオクで入手出来ました。表紙、中頁とも大変綺麗です。これにより、知りたかった八重洲の「FL-10/40」、フロンティア「SH-100」やトヨムラの「QR-90A」、スター「SR-40K」、トリオ「JR-200」などの回路図が入手できました。


 

 「JARLアマチュア無線ハンドブック1969年版」を入手出来ました。 (2011年04月01日)

探していました「JARLアマチュア無線ハンドブック1969年版」をWeb Shopで入手出来ました。表紙、中頁とも大変綺麗です。初版はCQ ham radio別冊として、発行されました。


 

 電波技術臨時増刊「アマチュア無線回路図集」を入手出。 (2011年03月26日)

探していました電波技術臨時増刊「アマチュア無線回路図集」をヤフオクで入手出来ました。表紙、中頁とも大変綺麗です。これにより、知りたかった菊水の「S-38」「S-53」や山七の「TXV-1A」「TXH-1」、トリオ「6R-4S」「9R-4」などの回路図が入手できました。


 

 電波技術別冊「アマチュア無線用受信機」を入手出来ました。 (2011年03月16日)

探していました電波技術別冊「アマチュア無線用受信機」をヤフオクで入手出来ました。表紙、中頁とも大変綺麗です。これからも電波技術別冊等も収集していきたいと思いますので、ご協力をお願いします。


 

 「Let's HAMing」 創刊号をWeb Shopで入手出来ました。 (2011年01月22日)

探していました「Let's HAMing」創刊号をJA1BJY 増尾OMのご協力により、Web Shopで「電波FAN」創刊号も同時に入手出来ました。まだまだ「JARL NEWS」雑誌化1号、「月刊 59」創刊号、「BECON」創刊号、なども探していますので、ご協力をお願いします。


 

 「別冊 JARL NEWS 1号」(雑誌化テスト版)がやっと見つかりました。 (2010年12月17日)

探していました「別冊 JARL NEWS 1号(雑誌化テスト版)」が暮れの大掃除でやっと見つかりました。まだまだ「JARL NEWS」雑誌化1号、「月刊 ファイブナイン」創刊号なども探しています。ご協力をお願いします。


 

 NHK「たのしいアマチュア無線講座」3のテキストを入手しました。 (2010年11月23日)

探していました「NHK たのしいアマチュア無線講座」3のテキストをヤフオクで見付け入手しました。テキストは4册あったのですが、タッチの差で3册は購入出来ませんでしたが、これにより「NHK たのしいアマチュア無線講座」が全部で8回あったことが判明しました。


 

 別冊付録「CQ junior」を入手しました。 (2010年11月22日)

別冊付録「CQ junior」をヤフオクで見付け入手しました。発行は思っていたより昔で、1960年3月1日だったんですね。引き続き「59 創刊号」、「JARL NEWS 雑誌化1号」を捜しています。ご協力をお願いします。


 

 「ハムフェア2010」が東京ビッグサイトで開催されました。 (2010年08月23日)

「ハムフェア2010」が今年も東京ビッグサイト西2ホールで開催されました。猛暑にも関わらず熱心なハムや業界関係者などが両日で、延べ31,000名(21日20,000名、22日11,000名)が来場し、今年は「アウトドアで楽しさ再発見!」をキャッチフレーズに、展示や催事を楽しみました。


 

 外国宛QSL転送ステッカーを入手しました。 (2010年07月22日)

探していました「外国宛QSL転送ステッカー」をJA1FGB 宇佐美OMのご協力により入手できました。1955年8月20日よりQSL 1枚につきステッカー1枚 2円を貼らないと外国宛に転送してもらえなくなりました。これは、当時JARL会費納入状況が悪化したための措置として行なわれました。


 

 漫画「海底人8823(ハヤブサ)」の単行本を入手しました。 (2009年10月15日)

探していました漫画「海底人8823(ハヤブサ)」の単行本をインターネットで入手しました。「1960年より放映された大人気特撮テレビ番組の漫画版を初単行本化!!」とタイトルに書いてあります。実際は、雑誌「少年」に1960年1月号から12月号の本誌と付録で掲載されていました。


 

 広瀬香美「ビバ☆秋葉原」すがやみつるバージョンの曲情報。 (2009年10月08日)

9月30日発表した広瀬香美さんの「ビバ☆秋葉原」のオリジナル曲に、すがやみつるさんが、別の詩を付けてTwittrに書き込んだところ、RT(転載)されて広瀬さんの目にとまり、新たに録音されて10月8日「無線とPCの街アキバ」篇として公開されました。(広瀬香美さんの当ブログは終了しました。)



 映画「空と海の間に」別バージョンのパンフレットを入手しました。 (2009年10月05日)

探していました映画「空と海の間に」別バージョンのパンフレットをインターネットオークションで見付け、入札期限切れとなったものを通常価格で入手しました。このシリーズは4册目です。別バージョンのパンフレットは、まだ有るようなので、引き続き捜しています。ご協力をお願いします。


 

 映画「ミッドナイトイーグル」のパンフレットを入手。 (2009年09月27日)

映画「ミッドナイトイーグル」のパンフレットは無いと思っていましたが、インターネットで見付けました。パンフレットの用語解説には、アマチュア無線のことが紹介されています。


 

 「ハムフェア2009」が東京ビッグサイトで開催。 (2009年08月23日)

「ハムフェア2009」が今年も東京ビッグサイトで開催されました。2010年登場予定の新製品やD-STAR、無線+GPS+APRSスタイルを提案した参考出品など、意欲溢れる製品が多数展示されており、入場者も昨年より増えているのが印象的でした。


 

 映画「ヴァルビィの奇跡」のビデオを入手しました。 (2009年05月28日)

「ヴァルビィの奇跡」のビデオを入手することが出来ました。これもインターネットで見付けました。1989年製作の映画で、副題が「タイムスリップ・アドベンチャー」となっています。この映画は「ゆうばり国際・冒険ファンタスティック映画祭'91」でグランプリを受賞しています。


 

 角川書店刊「復活の日」の本を入手しました。 (2009年05月16日)

角川書店刊「復活の日」の本を入手することが出来ました。これはインターネットで見付けました。1980年3月20日発刊の初版本ですが、大変綺麗なものです。著者は小松左京。当時の価格で980円していました。


 

 映画「世界大戦争」のパンフレットを入手しました。 (2009年05月6日)

探していました映画「世界大戦争」のパンフレットを入手することが出来ました。インターネットで見付けたものは42,000 円していましたので諦めましたが、たまたま行った東京・中野の専門店で見付けました。程度は良かったのですが、訳ありのものでしたので、比較的安価で購入出来ました。


 

 映画「空と海の間に」別バージョンのパンフレットを入手しました。 (2009年04月30日)

永い間探していました映画「空と海の間に」別バージョンのパンフレットを入手することが出来ました。これはインターネットで見付けました。1956年外国映画社発行のもので、大変綺麗なものです。当時の価格で200円していました。


 

 新潮社刊「コンタクト」の本を入手しました。 (2008年10月24日)

新潮社刊「コンタクト」の本、上巻と下巻を入手することが出来ました。これはインターネットで見付けました。1986年6月20日発刊の初版本と4刷本ですが、大変綺麗なものです。原作カール・セーガン 訳は池 央耿/高見 浩。当時の価格で各1,600円していました。


 

 第1回ハム・トリビア・クイズの答えのヒントを出しています。 (2008年10月18日)

CQ出版社刊「CQ ham radio」11月号から始まりました”あなたのアマチュア無線の知識を試す”「第1回ハム・トリビア・クイズ」の答えのヒントを出しています。もちろんあなたは、お分かりですよね。お分かりにならない方は、”無線機MUSEUM”のサイトをご覧ください。


 

 「モールスの歌 アルファベット編」のCDを入手しました。 (2008年01月15日)

YAHOO!オークションのサイトで見付けて、購入しました。A〜Zの符号をリズムをつけて覚えるように作ってあるようですが、覚え易いかどうかは不明です。価格は送料別で2.500円しました。


 

 三笠書房刊「空と海の間に」の本を入手しました。 (2007年11月04日)

三笠書房刊「空と海の間に」の本を入手することが出来ました。これはインターネットで見付けました。1956年6月30日発刊の初版本ですが、大変綺麗なものです。本のサイズはB6、当時の価格で230円していました。この頃、通常郵便ハガキの価格は2円でしたから、大変高い価格の本のようでした。


 

 「ハムフェア2007 アイボール30」アワードをもらいました。 (2007年08月24日)

今年も懲りずにもらって来ました「ハムフェア2007 アイボール30アワード」です。ルールは、会場内で異なる30局とアイボールQSOして、専用の申請書にコールサインと氏名を書いてもらい、申請するだけでもらえました。


 

 「海底人8823」のビデオ1巻と2巻を入手しました。 (2007年07月23日)

偶然ネットで見付けた「海底人8823」のビデオ1巻と2巻です。1960年1月3日から6月26日まで毎週日曜日フジテレビで放送されていたもので、全26話のうち抜粋したものが収録されています。勇少年がハムである為、度々QSOシーンが出てきます。


 

 「ハムフェア2006 アイボール30」アワードをもらいました。 (2006年08月19日)

ハムフェア開催30回記念「ハムフェア2006 アイボール30アワード」です。ルールは、会場内で異なる30局とアイボールQSOして、専用の申請書にコールサインと氏名を書いてもらい、申請するだけでもらえました。


 

 JARL「日本アマチュア無線連盟会員40年」で表賞されました。 (2006年05月15日)

1965年3月、アマチュア無線局開局と同時にJARLへ入会しました、当時は入会金は100円、年会費1,800円と記憶しています。
現在の入会金は1,000円、年会費7,200円です。まだ入会されていない方はぜひご入会ください。


 

 「9R-59とTX-88A物語」の本にキットが紹介されました。 (2004年08月24日)

CQ出版刊 JA1AMH 高田継男さん著「9R-59とTX-88A物語」の本に、私が所蔵するトリオ9R-59の未組立てキットやVFO-1、CC-6、CC-2、SP-5等が紹介されました。ぜひご購読ください。B5変型判 136ページ 定価2,520円(税込)


 

 NHK「たのしいアマチュア無線講座」のテキストを入手しました。 (2004年04月14日)

1960年から1966年にかけてNHK教育テレビで、「たのしいアマチュア無線講座」が放映されていました。1961年7月4日から9月26日に放映された「アマチュア無線講座テキスト」と1961年10月3日から12月26日に放映された「アマチュア無線講座テキスト」です。


 

お勧めサイト

blank blank blank blank

お役立ちサイト

cq-pub jarl jard jarl_web
nichimu JAIA denshi-shinsei 総務省

私の無線歴QSLで巡る世界地理ハム関連映画ハム関連TV番組ハム関連ラジオ番組なんでも資料

売却リスト無線免許関連JARL関連記録市と郡の情報鎌ヶ谷情報さいたま555賞